株に関連するコメント情報を一括検索!

4528:小野薬品工業
証券コード4528: 小野薬品工業
会社情報東証1部, 医薬品
医療用医薬品専業の中堅。自社開発品多い。がん免疫薬「オプジーボ」でがん領域に参入
チャート
株コメ数0件 (直近12時間)
株コメ判断 中立
直近12時間の株コメから買い/売りのキーワードを抽出した数です
詳細情報
直近12時間の株コメ情報

962 件中 - 戻る

#21: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 12:23)



マイナス20円程度の下げ踏ん張りを見せるのは
今月限り、、
その後はかなり苦しくなる🙏
4528 - textream #536


#22: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 12:18)



京大とこんな事になってしまった今、
交流の場も徐々に失いつつある🙏
4528 - textream #534


#23: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 11:43)

そうか、タライから、裏のドブ川をみながら 長屋で、朝昼兼用の握りメシか、
4528 - textream #533


#24: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 10:44)


>おはようございます
今朝の写経を終えました
学校を出ていない私ですが
おかげさまで少しだけ形に
なってきました。
ありがとうございます🙏
4528 - textream #532


#25: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 09:50)

【情報提供:オンコロニュース/転移性尿路上皮がん/その他泌尿生殖器がんカボメティクス+オプジーボ±ヤーボイ併用療法、客観的奏効率は全患者群で30.6%】

★引用:2020.09.25 オンコロニュース
⇒ ttps://oncolo.jp/news/200925y01

【この記事の3つのポイント】
① 転移性尿路上皮がん、その他泌尿器生殖器患者が対象の第1相試験
② カボメティクス+オプジーボ±ヤーボイ併用療法の有効性・安全性を検証
③ 副次評価項目である客観的奏効率は全患者群で30.6%、転移性尿路上皮がん群で38.5%

2020年9月11日、医学誌『Journal of Clinical Oncology』にて転移性尿路上皮がんまたはその他泌尿生殖器がん患者に対するマルチキナーゼ阻害薬であるカボメティクス(一般名:カボザンチニブ、以下カボメティクス)+抗PD-1抗体薬であるオプジーボ(一般名:ニボルマブ、以下オプジーボ)、カボメティクス+オプジーボ+抗CTLA-4抗体薬であるヤーボイ(一般名:イピリムマブ、以下ヤーボイ)併用療法の有効性、安全性を検証した第1相試験(NCT02496208)の結果がCenter for Cancer ResearchのAndrea B. Apolo氏らにより公表された。

本試験は、転移性尿路上皮がんまたはその他泌尿生殖器がん患者(N=54人)に対してカボメティクス+オプジーボ併用療法を投与する群、カボメティクス+オプジーボ+ヤーボイ併用療法を投与する群に分けて、主要評価項目として第2相推奨試験推奨用量(RP2D)、副次評価項目として客観的奏効率(ORR)、無増悪生存期間(PFS)、奏効持続期間(DOR)、全生存期間(OS)などを検証した第1相試験である。

本試験が開始された背景として、マルチキナーゼ阻害薬カボメティクス、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボ、ヤーボイは、抗腫瘍効果が確認されている。以上の背景より、転移性尿路上皮がんまたはその他泌尿生殖器がん患者に対するカボメティクス+オプジーボ±ヤーボイ併用療法の有用性が本試験にて検証された。

本試験のフォローアップ期間中央値44.6ヶ月時点における結果は下記の通りである。グレード3~4の治療関連有害事象(TRAE)発症率はカボメティクス+オプジーボ併用群75%、カボメティクス+オプジーボ+ヤーボイ併用群87%をそれぞれ示した。また、多くの患者で確認されたグレード3~4の治療関連有害事象(TRAE)は疲労17%、10%、下痢4%、7%、高血圧21%、10%だった。

また、多くの患者で確認されたグレード3~4の免疫関連治療関連有害事象(TRAE)は下記の通りである。肝炎は、カボメティクス+オプジーボ併用群0%、カボメティクス+オプジーボ+ヤーボイ併用群13%、大腸炎はそれぞれ0%、7%だった。

以上の結果より、主要評価項目である第2相推奨試験推奨用量(PR2D)は1日1回カボメティクス40mg+オプジーボ3mg/kg、1日1回カボメティクス40mg+オプジーボ3mg/kg+ヤーボイ1mg/kgとして決定した。

副次評価項目である客観的奏効率(ORR)は全患者群で30.6%(95%信頼区間:20.0%-47.5%)、転移性尿路上皮がん群で38.5%(95%信頼区間:13.9%-68.4%)を示した。奏効持続期間(DOR)中央値は全患者群で21.0ヶ月(95%信頼区間:5.4-24.1ヶ月)、転移性尿路上皮がん群で未到達を示した。無増悪生存期間(PFS)中央値は全患者群で5.1ヶ月(95%信頼区間:3.5-6.9ヶ月)、転移性尿路上皮がん群で12.8ヶ月(95%信頼区間:1.8-24.1ヶ月)を示した。全生存期間(OS)中央値は全患者群で12.6ヶ月(95%信頼区間:6.9-18.8ヶ月)、転移性尿路上皮がん群で25.4ヶ月(95%信頼区間:5.7-41.6ヶ月)を示した。

以上の第1相試験の結果よりAndrea B. Apolo氏らは「転移性尿路上皮がんまたはその他泌尿生殖器がん患者に対するマルチキナーゼ阻害薬カボメティクス+抗PD-1抗体薬オプジーボ±ヤーボイ併用療法は持続的な抗腫瘍効果を示し、忍容性も良好でした。本治療法のさらなる有用性を検証するため、第2相試験、第3相試験を継続的に実施して検証していきます」と結論を述べている。

【コメント】URLでご確認。
オンコロニュースにて掲載。今後も迅速に併用法の奏功性向上と実用化で患者さまの元に頼みます。
4528 - textream #531


#26: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 09:42)

【情報提供:日経メディカルOncologyニュース/高リスク筋層浸潤性尿路上皮癌の術後補助療法としてニボルマブがDFSを有意に延長】

★引用:2020/09/25 日経メディカルOncologyニュース
⇒ttps://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/202009/567313.html

米Bristol Myers Squibb社は9月24日、高リスク筋層浸潤性尿路上皮癌の術後補助療法として、ニボルマブがプラセボよりも有意に無病生存期間(DFS)を延長したと発表した。フェーズ3試験であるCheckMate -274試験の結果明らかとなった。試験結果の詳細は、今後学会で発表される。(以下有料会員)

【コメント】URLでご確認。
日経メディカルOncologyニュースにて掲載。9月28日は、ここ数日8件のIRを惜しみなく出しているのだから、日経逆相関銘柄4528の真価を示せ、小野ちゃん!
4528 - textream #530


#27: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 09:35)

【情報提供:日経メディカルOncologyニュース/ニボルマブとイピリムマブの併用療法がMSI-High大腸癌の2次治療で承認】

★引用:2020/09/25 日経メディカルOncologyニュース
⇒ttps://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/202009/567324.html

小野薬品工業とブリストル マイヤーズ スクイブは9月25日、ニボルマブとイピリムマブの併用療法について、癌化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を持つ大腸癌への適応拡大承認を取得したと発表した。さらに小野薬品は、ニボルマブについて、単独投与の際に1回480mgを4週間間隔で投与する用法、用量の追加が承認されたことも発表した。(以下有料会員)

【コメント】URLでご確認。
日経メディカルOncologyニュースにて掲載。最後の配当金確定日の9月28日は3400円で爆上げだぁ~ v(^^)v
4528 - textream #529


#28: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 09:04)


>IR4連打も結果は空砲に。


今が高値で頭打ちかな🙏
4528 - textream #528


#29: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 08:57)

今、播磨灘の美しい海を見ながら
ホテルで朝食です🙏
4528 - textream #527


#30: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 07:42)

そうか、夜中の一時過ぎに、タライから投稿、やはりカシコ苦ないなあ
4528 - textream #524


#31: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 07:40)

Bristol-Myers Squibb Co
NYSE: BMY

59.49 USD +1.24 (2.13%)
営業終了: 9月25日 18:10 GMT-4
4528 - textream #523


#32: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 06:20)

ADRは戯れの場所。
4528 - textream #520


#33: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 01:40) 買い

株は嘘で買い

事実で売る

知ったらシマイです🙏
4528 - textream #519


#34: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 01:25)

【情報提供:小野薬品IR/オプジーボ 膀胱がん術後補助療法P3試験で好結果  小野薬品 】

★引用:2020/09/25
⇒ ttps://iyakutsushinsha.com/page/2/

小野薬品は25日、オプジーボについて、高リスク筋層浸潤性尿路上皮がん患者の術後補助療法として評価したピボタルなP3相CheckMate -274 試験で主要評価項目を達成したと発表した。同試験でオプジーボは、プラセボと比較して、全無作為化患者および PD-L1 発現レベルが1%以上の患者の両集団において、無病生存期間(DFS)を改善した。24日にブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)が公表したもの。
 CheckMate-274試験は、これらの患者の術後補助療法として、免疫療法薬が再発リスクを低減した最初で唯一のP3試験で、根治切除後の再発リスクが高い筋層浸潤性尿路上皮がん患者を対象に、オプジーボとプラセボを比較評価した多施設無作為化二重盲検P3相試験。
 患者の特性に応じて、登録された患者は切除前に術前化学療法を受けている場合もあり、受けていない場合もある。患者709例が、オプジーボ群またはプラセボ群に 1:1 の割合で無作為に割り付けられ、最長 1 年間の投与を受けた。
 同試験の主要評価項目は、全無作為化患者(すなわちIntention-To-Treat 集団)および PD-L1発現レベルが1%以上の患者サブセットにおける DFS。
習主な副次評価項目は、全生存期間、非尿路上皮無再発生存期間および疾患特異的生存期間である。オプジーボの安全性プロファイルは、これまでに固形腫瘍の試験で報告されたものと一貫していた。

 現在の治療法では、膀胱がん患者の50%以上が術後に再発し、毎年、20万人近い患者が亡くなっている。免疫療法などの進歩は、治療歴を有する進行尿路上皮がんを含め、増加傾向にあるがん腫の患者に福音をもたらしている。
 今回のCheckMate-274試験の肯定的結果により、オプジーボが、術後補助療法における新たな標準治療となり、切除後の筋層浸潤尿路上皮がんの無病生存期間を化学療法を行わず延長する可能性が示された。
 BMSオプジーボ開発担当バイスプレジデントの Mark Rutstein氏は、「CheckMate-274 試験の肯定的結果により、オプジーボが、我々の早期がんに対する広範囲にわたる開発プログラムの一環として、膀胱がん、悪性黒色腫および食道・胃食道接合部がんの3 つのがん腫の術後補助療法において有効性を改善したことになる」と強調している。
 ブリストル マイヤーズ スクイブは、CheckMate -274 試験のデータの全評価を完了させ、今後、治験担当医師と協力し、学会で結果を発表していくとともに、保健当局にデータを提出していく予定である。CheckMate -274 試験は計画どおり継続され、今後、全生存期間および疾患特異的生存期間を含む副次評価項目の解析を行う。

【コメント】URLでご確認。
やさしい医薬通信社にて掲載。 小野薬品はニュースリリースを以ても期待は出来ないかも。
4528 - textream #518


#35: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 01:16)

すでに10年で5倍の株価になっています

もう伸びシロはない🙏
4528 - textream #517


#36: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 01:07)


>安定感凄いですね



しかしそれは配当権利日までです🙏
4528 - textream #516


#37: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 01:00)

【情報提供:医薬通信社/オプジーボとヤーボイ併用療法 結腸・直腸がんへの適応取得  小野薬品とBMS 】

★引用:2020/09/25 医薬通信社
⇒ ttps://iyakutsushinsha.com/page/2/

小野薬品とブリストル・マイヤーズ スクイブ(BMS)は25日、オプジーボとヤーボイとの併用療法について、結腸・直腸がんへの適応拡大の承認を取得したと発表した。また、小野薬品は、オプジーボについて、単独投与時における1回480 mg を4週間間隔で点滴静注(点滴静注時間:30分以上かけて)する用法・用量の追加承認取得も公表した。
 今回、適応拡大が承認された対象疾患は、がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High:
microsatellite instability-High)を有する結腸・直腸がん。
 適応拡大承認は、同対象疾患を有する結腸・直腸がん患者を対象に、BMSが実施した多施設共同非盲検P2相臨床試験(CheckMate-142 試験)のオプジーボとヤーボイの併用療法コホートによる結果に基づくもの。同試験では、オプジーボとヤーボイの併用療法は、主要評価項目である治験担当医師の評価による奏効率(ORR)において有効性を示した。
同試験におけるオプジーボとヤーボイの併用療法の安全性プロファイルは、これまでに報告された臨床試験のものと一貫しており、新たな安全性シグ ナルは認められなかった。オプジーボは、単剤療法でがん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の MSI-High を有する結腸・直腸がんの効能又は効果で承認されているが、今回の承認によって、同効能又は効果に対して、オプジーボとヤーボイの併用療法でも使用が可能となった。
 結腸・直腸がんは、結腸または直腸に原発性に発生する悪性腫瘍。日本では、年間約14.6万人(全世界では約180万人)が新たに結腸・直腸がんと診断され、年間約 5.7 万人(全世界では約86.1万人)の死亡が報告されている。
 切除不能な結腸・直腸がんの約 5%に MSI-High が認められている。MSI-High を有する結腸・直腸がんの患者では、それを有さない患者と比べて、予後不良の傾向があり、標準治療のフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法の有効性が乏しいと報告されていることから、この患者集団では、新たな治療選択肢が必要とされている。

【コメント】URLでご確認。
解りやすい医薬通信社にて掲載。小野薬品の治験成功は爆上げ投資材料にはならず、それによって、売上いくらで・いくら儲かるのかまで出ないと株価に反映されない?それが小野薬品4528の様です。
4528 - textream #515


#38: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 00:41)



>ワシがよく行く兵庫県の南芦屋浜にあるスーパー銭湯
ドイツ車で乗りつける芦屋のオジサマが多い
Tシャツ・短パンでポルシェに乗ってきやはるオ>ジサマもおる
大阪湾が見える屋上の露天風呂に浸かりながら、投資話をするんやけど…


>「大阪の中堅会社が、京大の先生と裁判したらあかんやろ」
「そんな裁判に勝ってしもたら、その会社はゆくゆくはつぶれてしまうわな。勝ったらあかん>裁判や」と、みんな言わはる

そうです
忠義のふるさと播州赤穂岬温泉でも
温泉につかりながら
播磨灘の美しい海を見ながら
みんないわはります。
4528 - textream #514


#39: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 00:34)

【情報提供:小野薬品ニュースリリース/オプジーボとヤーボイの併用療法における「高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する結腸・直腸がん」への適応拡大およびオプジーボの単独投与時における用法及び用量の追加に係る国内製造販売承認事項一部変更承認を取得】

★引用:2020/09/25 小野薬品ニュースリリース
⇒ ttps://www.ono.co.jp/

小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良 暁、以下、小野薬品)とブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャン=クリストフ・バルラン、以下、BMSKK)は、本日、ヒト型抗ヒト programmed cell death-1(PD-1)モノクローナル抗体「オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)点滴静注」(以下、オプジーボ)とヒト型抗ヒト cytotoxic T-lymphocyte-associated antigen 4(CTLA-4)モノクローナル抗体「ヤーボイ®(一般名:イピリムマブ)点滴静注液」(以下、ヤーボイ)との併用療法について、「がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High:microsatellite instability-High)を有する結腸・直腸がん」への適応拡大に係る国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得しましたので、お知らせします。

また、小野薬品は、オプジーボについて、単独投与時における 1 回 480 mg を 4 週間間隔で点滴静注(点滴静注時間:30 分以上かけて)する用法及び用量の追加に係る国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得しましたので、お知らせします。

<MSI-High を有する結腸・直腸がんについて>
今回の承認は、フッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法による治療中または治療後に病勢進行した、もしくは同治療法に忍容性がなかった進行・再発の SI-High またはミスマッチ修復欠損(dMMR:deficient mismatch repair)を有する結腸・直腸がん患者を対象に、ブリストル マイヤーズ スクイブ(NYSE:BMY、以下、BMS)が実施した多施設共同非盲検第Ⅱ相臨床試験(CheckMate-142 試験)のオプジーボとヤーボイの併用療法コホートによる結果に基づいています。
本試験では、オプジーボとヤーボイの併用療法は、主要評価項目である治験担当医師の評価による奏効率(ORR)において有効性を示しました。本試験におけるオプジーボとヤーボイの併用療法の安全性プロファイルは、これまでに報告された臨床試験のものと一貫しており、新たな安全性シグナルは認められませんでした。

オプジーボは、単剤療法でがん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の MSI-High を有する結腸・直腸がんの効能又は効果で承認されていますが、今回の承認によって、同効能又は効果に対して、オプジーボとヤーボイの併用療法でも使用が可能となりました。(以下省略)

【コメント】URLでご確認。
9月25日 2件のIRが出ました。IRといった投資材料が惜しみなく出ても株価に反映しないのが小野薬品銘柄4528でしょうか。
4528 - textream #513


#40: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (09/26 00:09)

【情報提供:小野薬品ニュースリリース/オプジーボ、第Ⅲ相 CheckMate -274 試験において、プラセボと比較して高リスク筋層浸潤性尿路上皮がん患者の術後補助療法で有意に無病生存期間を改善】

★引用:2020.09.25 小野薬品ニュースリリース
⇒ ttps://www.ono.co.jp/

【1】CheckMate -274 試験の中間解析で、オプジーボは、全無作為化患者および PD-L1 発現レベルが 1%以上の患者の両患者集団において、無病生存期間の主要評価項目を達成しました。
【2】 オプジーボは、膀胱がん、悪性黒色腫および食道・胃食道接合部がんの 3 つのがん腫の術後補助療法において臨床的に意義のある有効性を示しました。

ブリストル マイヤーズ スクイブ社は、本日、高リスク筋層浸潤性尿路上皮がん患者の術後補助療法としてオプジーボ(一般名:ニボルマブ)を評価したピボタルな第Ⅲ相 CheckMate -274 試験において、オプジーボが、プラセボと比較して、全無作為化患者および PD-L1 (programmed death-ligand 1) 発現レベルが 1%以上の患者の両集団において、無病生存期間(DFS)を改善し、主要評価項目を達成したことを発表しました。

CheckMate -274 試験は、これらの患者の術後補助療法として、免疫療法薬が再発リスクを低減した最初で唯一の第Ⅲ相試験です。オプジーボの安全性プロファイルは、これまでに固形腫瘍の試験で報告されたものと一貫していました。

マウントサイナイ・アイカーン医科大学、ティッシュがん研究所、膀胱がんセンター・オブ・エクセレンス共同ディレクター、新治療法ユニット長、泌尿生殖器がん腫瘍内科部長であり内科教授の Matthew Galsky(M.D.)は、次のように述べています。「現在の治療法では、膀胱がん患者さんの 50%以上が術後に再発し、毎年、20 万人近い患者さんが亡くなっています。免疫療法などの進歩は、治療歴を有する進行尿路上皮がんを含め、増加傾向にあるがん腫の患者さんに希望をもたらしています。CheckMate -274 試験の肯定的結果により、ニボルマブが、術後補助療法における新たな標準治療となり、切除後の筋層浸潤尿路上皮がん患者さんの無病生存期間を化学療法を行わず延長する可能性が示されました。」
ブリストル マイヤーズ スクイブ、オプジーボ開発担当バイスプレジデントの ark Rutstein は、次のように述べています。「免疫療法の科学を進歩させていく中で、私たちは、一般に免疫系がより完全な状態にあり高い応答を示し得るがんのより早期の段階で、これらの治療法が重要な役割を果たす可能性を見いだしています。CheckMate -274 試験の肯定的結果により、オプジーボが、私たちの早期がんに対する広範囲にわたる開発プログラムの一環として、膀胱がん、悪性黒色腫および食道・胃食道接合部がんの 3 つのがん腫の術後補助療法において有効性を改善したことになります。本試験にご参加いただき、私たちの科学的な理解を深めることに貢献してくださった患者さんおよび治験担当医師に感謝の意を表明したいと思います。」

ブリストル マイヤーズ スクイブは、CheckMate -274 試験のデータの全評価を完了させ、今後、治験担当医師と協力し、学会で結果を発表していくとともに、保健当局にデータを提出していく予定です。CheckMate -274 試験は計画どおり継続され、今後、全生存期間および疾患特異的生存期間を含む副次評価項目の解析を行います。(以下省略)

【コメント】URLでご確認。
9がつ25日の小野薬品IRにあるBMS社のプレスリリースを掲載。週明けは3,400円に向けて仕切り直し、頑張れ小野ちゃん!^^)v
4528 - textream #512

962 件中 - 戻る