株に関連するコメント情報を一括検索!

4592:サンバイオ
証券コード4592: サンバイオ
会社情報マザーズ, 医薬品
中枢神経系疾患領域の再生細胞薬を開発するバイオベンチャー。米国で創業、日本を核に再編
チャート
株コメ数143件 (直近12時間)
株コメ判断 売り
買い
6(46%)
売り
7(54%)

直近12時間の株コメから買い/売りのキーワードを抽出した数です
詳細情報
直近12時間の株コメ情報

10000 件中 - 戻る

#1: サンバイオ 【4592】 19分前 (07/21 02:39)

いったい何がいいたいのか?結論をいってください。フィニッシュに持っていきましょう。もっともあなたの精力じゃムリか?前戲ばかりの投稿もう飽きあきだ。
4592 - textream #1070


#2: サンバイオ 【4592】 24分前 (07/21 02:34)

だからねえ。ぼくは、自分の総資産の30パーセント位のお金で、サンバイオの株を買ってますので。仮にサンバイオ株が、紙くずになっても僕は破産しません。
4592 - textream #1069


#3: サンバイオ 【4592】 29分前 (07/21 02:29)

体力、精力、ともにないね。株にも仕事にも向かない。
4592 - textream #1068


#4: サンバイオ 【4592】 50分前 (07/21 02:08)

ごめん。
俺がボケてたわ。
カリカリ承認みたいなのはあるわ。
一変申請するまで意味ないけど。

> おいおい。
> 貴方、これはいかんよ。
> ハンコってなんだよ。
> 承認と勘違いしてしまうではないか。。
> 風説の流布ってのになると掲示板とは言えお縄になるかも
> 知れないよ。
>
> 皆に謝って直ぐに投稿は消した方がいいよ。
4592 - textream #1067


#5: サンバイオ 【4592】 1時間前 (07/21 01:56)

年内はないと思うな。
一変承認まではサンバイオのスケジュールなんか
鵜呑みにしてたらいくらお金あっても足りないよ。
サンバイオの目指しているは、受験生が
“100点目指してやってる”
と言っているのと同義。
過去の経緯確認してみればわかるよ。


> 25年2月~4月に出荷販売を目指してるなら年内承認はありえるのでは??
> むしろ年内承認されないと上記期間の出荷は厳しそう
>
>
> >一つだけ言っとくけど6月20日のIRにある通り
> >2ロット製造するまで承認はないし、年内承認は
> >ないから。。
> >来週、承認とかハンコとか風説ものだから。。
> >この板立ち寄った人は信じないでね。
> >
> >来年が既定路線で年内なら奇跡レベルだよ。
4592 - textream #1066


#6: サンバイオ 【4592】 1時間前 (07/21 01:52)

「事業計画及び成長可能性に関する事項」を、まずは、ご自身でご覧ください。
急性骨髄性白血病、卵巣がんという、これまで治療法がなかった病気の薬ができたのです。
この薬は、他のがんにも効果があるようです。
これまで治らないとされてきた急性骨髄性白血病の患者さんの28.6%を完全に治しています。

https://www.chordiatherapeutics.com/ja/ir/news/auto_20240613528188/pdfFile.pdf

4592 - textream #1065


#7: サンバイオ 【4592】 1時間前 (07/21 01:40) 売り

明日ストップ高になろうが売りません
だから明日の株価なんて正味どうでもいい
知りたいのは、世界中の投資家にサンバイオが知れ渡った後の株価です
4592 - textream #1064


#8: サンバイオ 【4592】 1時間前 (07/21 01:11) 売り

この会社は、2026年1月期第1四半期までにアクーゴが販売できない場合は、必ず債務超過に陥る。いわば企業存続の瀬戸際にある。これを前提にして6月20日のIRを読めば、会社の意図がはっきりする。
『当社は、今後速やかに2回程度の市販品製造を行い、発売に備えた在庫を積み上げるなかで、同等性/同質性を確認します。条件を満たし出荷が可能となる時期は、在庫の準備が整う翌期の第1四半期(2026年1月期第1四半期)を想定しています』

1.『速やかに2回程度の市販品製造を行う』と言っているが、そのための資金はない。ワラント発行を示唆しているにすぎない。
2.『出荷が可能となる時期は、在庫準備が整う翌期の第1四半期(2026年1月期第1四半期)を想定しています』と期日を述べているが、2026年1月期第1四半期までにアクーゴが販売できなければ債務超過になる。辻褄合わせの期日を述べているにすぎない。

債務超過は不可避、ワラント発行確実、アクーゴ販売解禁の可能性は限りなく零。
空売り機関の買い戻しが止まり、一部は売り直している。
残念だが、きりもみ状態の急落を予想している。
4592 - textream #1063


#9: サンバイオ 【4592】 1時間前 (07/21 01:08)

無礼者じーさま!
なぜコピペ消した?

ついに新ネタ披露か!?
4592 - textream #1062


#10: サンバイオ 【4592】 2時間前 (07/21 00:55) 買い

機関に買い戻しさせるくらいの Big Surpriseが出て来ないと上がらないだろう。
4592 - textream #1059


#11: サンバイオ 【4592】 2時間前 (07/21 00:52)

SENO-Oさんと同類の短期トレーダーがまたワラントをほのめかしてますが
調査不足の人を儲けさせたくないので反論はしません
人間不信でずっと怯えながら回転しておけばよい
ワラント以外の資本増強策が将来もし出たとしたらサプライズで置き去りにします
4592 - textream #1058


#12: サンバイオ 【4592】 2時間前 (07/21 00:37)

そろそろどうなるんねん
4592 - textream #1056


#13: サンバイオ 【4592】 2時間前 (07/21 00:20)

 厚労省から正式に発表されてる出荷までの条件は下記<承認条件>の通りです。
 あらかじめ定めた計画に基づき製造し、サンバイオが品質の同等性/同質性を評価し、結果を報告すること。
 必要な承認事項一部変更承認申請を行うこと。
 
 薬事審議会部会の非公開案件ですから、本当の審議内容は表に出ないと思っています。
 承認に係る記事などは、参考程度に見ていますよ。😊

<承認条件>
1.本品の製造実績が限られていることを踏まえ、あらかじめ定めた計画に基づき、本品の品質に関する情報を速やかに収集するとともに、治験製品と本品との品質の同等性/同質性を評価し、結果を報告すること。また、当該結果を踏まえ、必要な承認事項一部変更承認申請を行うとともに、当該申請が承認されるまでの間、本品の出荷を行わないこと。
4592 - textream #1055


#14: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:56)

長文失礼します

連続ストップ高で加熱し過ぎた頂点が6/27
そこから次の一週間は一日だけ陽線挟んでずっと陰線
下げ止まった位置は1000円付近
この辺りで下値に堅さを見せた

週明け7/8月曜日から上げ続け、落ちたのは金曜日
今週と同じパターン

今週の週明け7/16、1050円付近まで下げたが、やはりここから下値が堅かった
これを下値が切り上がって来たと皆んなが言ってる所
月、火と上げて、金曜日に下落

上値で跳ね返される価格は1040〜1060辺り
下値は1000、1050、1060で切り上がって来てる
要約すると三角持ち合い

上値が突破しきれなかった原因のひとつに増担があったが今はもうない

三角持ち合いの幅が狭くなってきて、どうなるかと言うと、どっちかに大きく動く
下値は切り上がり、上値突破は楽になった

これを踏まえると、週明け上に大きく行く可能性の方が高いかな
4592 - textream #1054


#15: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:51)

日経バイオテクの記事は嘗て決算報告の度にチェックしておりましたが、当時の野村編集員の書きっぷりが全く参考にならず、忌避するに至り、最近はチェックを疎かにしておりました。
改めて確認をさせて頂きます。
4592 - textream #1053


#16: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:49)

黙りおれ、落ちこぼれ女弁理士Parian!!
4592 - textream #1052


#17: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:41)

セルシードシンバイオに乗れなかった人は、クリングルで儲けてください!

時価総額
セルシード 78億円(6/21)→376億円(7/18) 4.82倍
シンバイオ 78億円(7/10)→207億円(7/18) 2.65倍

クリングル 66.7億円(7/19)→???

★時価総額はわずか66.7億円で、ワラントなし★
★発行済の13.99%の空売り残は強力な買い圧力★
★承認申請+来期黒字化で2ヵ月内2倍も射程圏★

■メインの材料
・脊髄損傷急性期の「世界初」の承認申請(9月末まで)
・来期黒字化(25/9期)

■サブの材料
・クラリス社神経栄養性角膜炎1/2相トップラインデータの公表(7月中)
・『第1種医薬品製造販売業許可』の取得
・脊髄損傷急性期の3相結果の学会・論文発表
・脊髄損傷急性期の米国における共同開発契約の締結

■バイオ株の時価総額比較(7/19現在)
クリングル(4884)   66.7億円
オンコリス(4588)  129億円 +93.4%
ステラファーマ(4888)140億円 2.1倍
ヘリオス(4593)   165億円 2.5倍
シンバイオ(4582)  170億円 2.5倍
セルシード(7776)  272億円 4.1倍
クオリプス(4894)  598億円 9.0倍
サンバイオ(4592)  728億円 11倍

※黒字化が最も早いのはクリングル(25/9期)
(ステラファーマは27/3期、ヘリオスは31/12期、クオリプスは28/3期、他は不明)
4875 - textream #410


#18: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:34)

本来、SanBio社として、IRで承認の経緯も含めて、内容を統一的に公表すべき話だと思います。

然し乍ら、SanBio社としても、より要点を簡潔に記載したかったのだと思いますし、東証の適時開示の審査でも、そこまで求められなかったんだと推察します。

日経バイオテク記者の質問のレベルが高く、上手に話を引き出して、承認経緯、アカデミックな話、並びにビジネスの観点で、要点を押さえ、上手く纏められた記事になっているので、Buckyさんの様な方にはお勧めです。
4592 - textream #1051


#19: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:25)

株王さん
レスポンス有難うございます。
日経バイオテクは日経21経由で読んでおりますので、少々タイムラグがあります。追ってチェックしてみます。
有難うございます
4592 - textream #1050


#20: サンバイオ 【4592】 3時間前 (07/20 23:23)

Buckyさん

日経バイオテクの購読記事を是非、読んでみて下さい。

貴方が挙げられているメリット&デメリットに全てではないですが、SanBioの代表が詳しく説明されています。

特に貴方として、ご懸念されて、挙げているデメリットについて、SanBio社が詳細を説明されているので、勉強家である貴方にとって疑問が解消され、ご理解の一助となると思料します。

また何故、機関投資家並びにブローカーが「2回の市販品製造で、同等性、同質性を確認したのちに製品出荷可能」の考え方が、SanBio社と当局の間で合意が出来ていると対外的にレポートで公表したのか腑に落ちると思います。
4592 - textream #1049

10000 件中 - 戻る