株に関連するコメント情報を一括検索!

4528:小野薬品工業
証券コード4528: 小野薬品工業
会社情報東証1部, 医薬品
医療用医薬品専業の中堅。自社開発品多い。がん免疫薬「オプジーボ」でがん領域に参入
チャート
株コメ数5件 (直近12時間)
株コメ判断 中立
直近12時間の株コメから買い/売りのキーワードを抽出した数です
詳細情報
直近12時間の株コメ情報

606 件中 - 戻る

#1: 小野薬品工業 【4528】 9時間前 (11/30 21:47)

私は、法師さまの的確で秀逸なコメントを尊敬する投資家です。ただそれだけです。時流を見極めたご助言に何度救われたか。法師さまを心から尊敬しています!
4528 - textream #773


#2: 小野薬品工業 【4528】 10時間前 (11/30 20:48)

変相、売れないマンとlonに、直接メールしたら済むこと、(笑)
自分の家だから、なん泊でもして、  知らんけど。

拝啓  売れないマン様  あなたの背景は? 無能くん、皆さん言わはります。
4528 - textream #771


#3: 小野薬品工業 【4528】 11時間前 (11/30 20:15)

法師さま 法師さまの優雅な暮らしぶり。小生もしてみたいものです! 私は自宅にて3連休を謳歌するのみ。しかし、分割前株価に換算すると16500円ですか。ウ~ン、よくわかりません!
4528 - textream #770


#4: 小野薬品工業 【4528】 11時間前 (11/30 20:06)

アンサーズニュースより

「フォシーガ」慢性心不全への適応拡大が承認

アストラゼネカと小野薬品工業は11月30日、SGLT2阻害薬「フォシーガ」(一般名・ダパグリフロジン)について、慢性心不全への適応拡大が承認されたと発表した。SGLT2阻害薬が心不全の適応で承認されるのは国内初。左室駆出率が低下した心不全患者に対する標準治療への上乗せ効果を評価した臨床第3相(P3)試験では、心不全の悪化(入院または緊急受診)と心血管死からなる複合主要評価項目のリスクをプラセボに比べて26%低下させた。

株価的にとても意味のあるIRだと思う。日々の各要因での動きに一喜一憂しても意味無し。材料を正確に評価してどっしりと構えれば良い。
4528 - textream #769


#5: 小野薬品工業 【4528】 11時間前 (11/30 19:45)

拝啓 売れとるマン様

この掲示板はあなた様とlon 様以外
富をあざ笑い、成功をののしる、
特異な掲示板です。
4528 - textream #768


#6: 小野薬品工業 【4528】 14時間前 (11/30 17:26)

【テレップ的な情報提供:/選択的SGLT2阻害剤フォシーガ日本において慢性心不全に対する効能又は効果の追加承認を取得】

★引用:
⇒ 
https://www.ono.co.jp/


掲載は省略します。

【コメント】URLでご確認。
また出たよ、株価的には意味のない?IRが。
4528 - textream #766


#7: 小野薬品工業 【4528】 14時間前 (11/30 17:23)

12月は、大相場に突入開始か❗👍
4528 - textream #765


#8: 小野薬品工業 【4528】 16時間前 (11/30 15:04) 買い

最後の巨大な買い、何?
4528 - textream #763


#9: 小野薬品工業 【4528】 19時間前 (11/30 11:53)

後場は期待できるのでは。
4528 - textream #761


#10: 小野薬品工業 【4528】 20時間前 (11/30 11:25)

明石海峡は小春日和。
今日はいっそう美しく見える。
4528 - textream #757


#11: 小野薬品工業 【4528】 20時間前 (11/30 11:00)

小野叩きマスコミ日経新聞が!!
4528 - textream #756


#12: 小野薬品工業 【4528】 21時間前 (11/30 10:29)

【情報提供:ミクスオンライン/医療用薬15製品 効能追加など承認取得 フォシーガに慢性心不全、オプジーボ併用療法にNSCLC1次治療】

★引用:2020/11/30 04:51 ミクスオンライン
⇒ ttps://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=70251

医療用医薬品15製品が11月27日、効能追加などの承認を取得した。この中には、SGLT2阻害薬として初となるフォシーガ錠(一般名:ダパグリフロジン)に慢性心不全の効能を追加することや、抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ錠(バロキサビル マルボキシル)にインフルエンザの予防投与を追加することが含まれる。

また、がん免疫療法薬オプジーボ点滴静注(ニボルマブ)に係る併用療法で非小細胞肺がん(NSCLC)の1次治療を追加することも今回承認された。オプジーボは今回、▽異なる作用機序の免疫療法薬ヤーボイ点滴静注液(イピリムマブ)との併用療法▽オプジーボ+ヤーボイに、プラチナ製剤を含む2剤化学療法との併用療法▽オプジーボと、プラチナ製剤を含む2剤化学療法との併用療法――の3つの用法で、いずれもNSCLCの1次治療から使えるようになった。

承認された製品は以下の通り(カッコ内は一般名、製造販売元)

▽ビラフトビカプセル50mg、同75mg(エンコラフェニブ、小野薬品)
▽メクトビ錠15mg(ビニメチニブ、小野薬品)
:「がん化学療法後に増悪したBRAF遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん」を効能・効果とする新効能・新用量医薬品。再審査期間は両剤とも5年10か月。

ビラフトビはBRAF阻害薬。メクトビはMEK阻害薬。今回、BRAF遺伝子変異を有する結腸・直腸がんに対して、両剤に抗ヒトEGFRモノクローナル抗体セツキシマブを含む3剤併用療法が可能になった。なお、ビラフトビはセツキシマブとの2剤併用でも使える。

▽オプジーボ点滴静注20mg、同100mg、同240mg、同120mg(ニボルマブ(遺伝子組換え)、小野薬品)
▽ヤーボイ点滴静注液50mg(イピリムマブ(遺伝子組換え)、ブリストル・マイヤーズスクイブ)
:両剤の併用療法などで、「切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の1次治療に使えるようになった。オプジーボは新用量医薬品。ヤーボイは新効能・新用量医薬品。再審査期間は残余(オプジーボは2021年10月16日まで、ヤーボイは24年6月20日まで)。

両剤ともがん免疫療法薬で、オプジーボはヒト型抗ヒトPD-1モノクローナル抗体。ヤーボイは抗CTLA-4モノクローナル抗体。

今回、▽オプジーボ+ヤーボイの併用療法▽オプジーボ+ヤーボイに、プラチナ製剤を含む2剤化学療法との併用療法▽オプジーボと、プラチナ製剤を含む2剤化学療法との併用療法――のいずれでも非小細胞肺がん(NSCLC)の1次治療から使えるようになった。作用機序の異なる免疫療法薬の併用でNSCLCの1次治療に使えるようになったのは今回が初めて。また、オプジーボ+ヤーボイ+2剤化学療法の併用療法について、化学療法は3週間間隔で2サイクルのみ併用する。

▽フォシーガ錠5mg、同錠10mg(ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物、アストラゼネカ):「慢性心不全。ただし、慢性心不全の標準的な治療を受けている患者に限る」を効能・効果とする新効能・新用量医薬品。再審査期間は4年。

SGLT2阻害薬。これまでの効能・効果は2型糖尿病と1型糖尿病。今回、2型糖尿病の合併の有無によらず、慢性心不全に対してβブロッカーやACE阻害薬などの標準治療に上乗せする形で使用できるようになった。慢性心不全の用法・用量は、「通常、成人にはダパグリフロジンとして10mgを1日1回経口投与する」。SGLT2阻害薬で慢性心不全の適応を持つのは同剤が初となる。

【コメント】URLでご確認。
日経MDが、オプジーボがコパキソンの重大な副作用には肝機能障害が追加とだけ記事にすればいいものを全面否定、小野叩きが始まった。さて、本投稿は、Fujさんの、ミクスオンライン記事紹介と共に、業績に結び付くエビデンスと存じます。フォシーガはアストラゼネカと提携・販売していませんでしたか?
提灯持ちにならぬ様に、機関の犠牲にならぬ様に、実力で株価は上がって欲しい。
4528 - textream #755


#13: 小野薬品工業 【4528】 21時間前 (11/30 10:15)

【情報提供:アンサーニュース/[定点観測]主要製薬企業 国内新薬開発パイプライン|モダリティ編(2020年11月版)】

★引用:2020/11/30 アンサーニュース/AnswersNews
⇒ ttps://answers.ten-navi.com/pharmanews/19828/

AnswersNewsが今回集計対象としたのは、内資系企業28社、外資系企業19社。2020年11月25日時点で各社がホームページなどで公表している国内開発パイプラインを創薬モダリティ別にまとめました。

武田薬品工業は、注力する消化器系疾患や希少疾患、血液疾患の領域でバイオ医薬品の開発が活発。抗体薬物複合体(ADC)に力を入れる第一三共や、免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」の適応拡大が進む小野薬品工業、免疫療法を中心にがん領域の強化を図るアステラス製薬も、抗体医薬品の比率が高くなっています。バイオを強みとする協和キリンも、パイプラインの半分以上がバイオ医薬品です。

外資系企業は、全体的にバイオ医薬品の割合が高め。特に、免疫チェックポイント阻害薬を持つ▽中外製薬▽MSD▽アストラゼネカ▽ブリストル・マイヤーズスクイブ――や、自己免疫疾患を対象とした抗体医薬を開発している▽ヤンセンファーマ▽ノバルティスファーマ▽アッヴィ▽日本イーライリリー――などは、抗体医薬が多くなっています。

【コメント】一部抜粋にてURLで全文をご確認。
本当に惜しみなくIRを出し続けても上がらない株だ。他の製薬会社ならスットプ高、今さら始まったことではないが、下記の引用:アンサーニュースのパイプラインを見れば解る、治験P3は他の大手製薬会社を寄せ付けない断トツ !!
桃栗三年柿八年、小野薬品が柿になぞらえても、コロナ禍、業容拡大を、直近のIR続きとエビデンスからご理解いただけると存じます。3400円反転攻勢を期待 ^^)Ⅴ     (下記の表をクリックしてご確認下さい)
4528 - textream #754


#14: 小野薬品工業 【4528】 22時間前 (11/30 09:25)

ミクスオンラインより

を再度審議、19年8月以来
薬食審 12月11日に第一部会 がん悪液質用薬エドルミズを再度審議、19年8月以来
公開日時 2020/11/30

厚生労働省は11月27日、新薬の承認可否の審議などを行う薬食審医薬品第一部会を12月11日にウェブ会議で開催し、がん悪液質治療薬エドルミズ錠(一般名:アナモレリン、申請企業:小野薬品)を再度審議すると発表した。同剤は2019年8月の同部会で審議されたが、有効性、安全性、医療機関や患者への情報提供の在り方など多岐にわたる疑義が示され、継続審議扱いとなっていた。同省担当官によると、「前回審議した際の宿題事項の全てに回答する準備ができたということで、審議することになった」と説明した。承認されれば世界初の治療薬となる。

次の第一部会は12月2日に開催する予定だが、審議予定品目は9品目ある(記事はこちら)。一方で、エドルミズは前回審議した際、1時間以上の時間を要した。このため今回はエドルミズだけ審議する日を設けることにした。

エドルミズの予定適応症のがん悪液質は、がんに伴う体重減少や食欲不振、筋肉量の減少を特徴とする複合的な代謝異常のこと。がん化学療法への忍容性の低下やQOLの著しい低下が生じ、予後に影響する。

ただ、前回審議された際、がん悪液質治療薬が世界のどの国・地域でも承認されていないこともあり、例えば、▽どのような指標で有効性評価をすべきか▽各種がん治療薬との相互作用など安全性の確認は十分なのか――といった有用性に関する指摘のほか、▽どのような病状やがん腫のがん患者に投与すべき治療薬なのか▽その対象患者像を踏まえた医療機関への情報提供内容はどうあるべきか――など対象患者や情報提供のあり方でも疑義が出た。当時、承認して差し支えない委員に挙手を求めたところ、ひとりも手を挙げず、承認することに賛成した委員はいなかった(記事はこちら)。

同省担当官によると、今回の部会では追加試験成績をもとにした審議はなく、「宿題事項に対する回答」について審議されるとの見通しを示した
4528 - textream #752


#15: 小野薬品工業 【4528】 22時間前 (11/30 09:19)

小野薬品の「エドルミズ」、1年3カ月ぶり審議へ  来月11日にも第一部会
2020/11/28 00:16
4528 - textream #751


#16: 小野薬品工業 【4528】 22時間前 (11/30 08:58)

【コロナ禍の戯言】

励まし続けてこの5年。
小野は、柿かと、あと3年。
売上3千億円台、経常1千億円台。
おしん続けて、夢見る我が世の春。
(合掌)


>励まし続けてこの3年。
>まもなく花開く時期が来るでしょう。
4528 - textream #749


#17: 小野薬品工業 【4528】 23時間前 (11/30 08:07)


>励まし続けてこの3年。
>まもなく花開く時期が来るでしょう。


おはようございます🙏
4528 - textream #748


#18: 小野薬品工業 【4528】 23時間前 (11/30 07:51)

励まし続けてこの3年。
まもなく花開く時期が来るでしょう。
4528 - textream #747


#19: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (11/30 00:10)

【コロナ禍の戯言】

【7】2020.11.27 オプジーボおよびヤーボイに関する併用療法切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんを対象とした併用療法に係る一部変更承認を取得

【7】2020.11.27 BRAF 阻害剤「ビラフトビ®カプセル」および MEK 阻害剤「メクトビ®錠」「BRAF 遺伝子変異を有する治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸癌」に対する効能又は効果の追加承認を取得

【7】2020.11.27 プロテアソーム阻害剤「カイプロリス®点滴静注用」再発又は難治性の多発性骨髄腫に対して、ダラザレックス®およびデキサメタゾンの3剤による新たな併用療法が可能になる

11月30日、ぶっ飛ばせ、小野薬品!V!(^^)!V!
4528 - textream #745


#20: 小野薬品工業 【4528】 1日前 (11/29 19:53)

心配御無用。

小野薬品工業のオプジーボ、国内で肺がんの1次治療薬に 日本経済新聞

さて、あとは、果報を待つとします。
みんなで良い夢を見ましょう。
4528 - textream #744

606 件中 - 戻る